Symbol

Symbol入門 その8

コンセンサス

少しずつSymbolの技術について勉強中です。

まずは、入門ということで下記の公式ドキュメントを読んでいくことにしました。

入門 — Symbol Documentation

日本語になっているのは非常にありがたいですね。

今日はコンセンサスについて読んでみました。

コンセンサス

コンセンサスとは、各ノードが合意形成と意思決定をするためのメカニズムです。

Symbolでは、有名なProof-of-Stake(PoS)プロトコルの改善バージョンである、Proof-of-Stake Plus(PoS+)と呼ばれるプロトコルが使用されています。

基本的なPoSコンセンサスアルゴリズムでは、ブロックチェーン内の新しいブロック生成はノード所有者の富にのみ関連する要因の組み合わせに基づいて、確率的にノードに割り当てられます。 PoS+プロトコルはアカウントの利害関係も考慮しますが、参加者の活動に基づいた報酬を与えることにより、エコシステムの健全性も促進します。

このあたりのアルゴリズムの具体的なしくみについては別途記事にしたいと思います。

  • インポータンスの計算 3つの指標を考慮し、インポータンススコアが計算されます。
  • Stake 保有しているハーベスティングモザイクの合計量。 残高が多い保有者にはインセンティブがあります。 10000を超えるハーベスティングモザイクを保持しているアカウントのみがハーベスティングの権利を得ることができます。 ハーベスティングの権利をもつアカウントを高価値アカウントと呼びます。
  • Transactions アカウントによって支払われた手数料の合計。 これによりアカウントはネットワークでアクティブになります。
  • Nodes アカウントがノードによってハーベストされた手数料の受取人となった回数。 ネットワークはノードを実行するアカウントにインセンティブを与えます。

すべての高価値アカウントについて、定期的にこれら3つの要素によりインポータンススコアを計算します。 インポータンススコアはアカウントが次のブロックをハーベストする確率を決定します。

  • 部分スコア ネットワークは各インポータンス期間(720ブロック毎)の終わりに、すべての高価値アカウントについ部分スコアを計算します。

部分スコアに基づいて、インポータンススコアは計算されます。

コンセンサスについては以上になります。

計算式や、アルゴリズムの詳細については別途記事にしたいと思います。

こけっこー
仮想通貨について1から勉強中です。 普段はSEをしています。 Symbolの技術に強い興味を持ち、 本ブログをはじめました。
Twitter
Amazon