Symbol

Symbol入門 その3

開発環境構築

少しずつSymbolの技術について勉強中です。

まずは、入門ということで下記の公式ドキュメントを読んでいくことにしました。

入門 — Symbol Documentation

日本語になっているのは非常にありがたいですね。

ガイドを読むだけというのもつまらないので、「はじめてのアプリケーションを作成」を読みつつ 実際に手を動かしてSymbolのサンプルアプリケーションを実装してみようかと思います。

はじめてのアプリケーションを作成

開発環境の構築

開発を始めるにあたり、まずは開発環境を構築します。
ワークステーションのセットアップ

当方の環境

MacBook Pro 2016 later  
macOS Big Sur 11.2.1  

まずはNode.jsをインストールします。
Node.jsはnodebrewでインストールしていきます。

  • Homebrewのインストール

    $ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
  • nodebrewのインストール

    $ brew install nodebrew
  • nodebrewにてnodeをインストール

    // バージョン一覧表示
    $ nodebrew ls-remote
    // ディレクトリ作成(nodebrew install-binaryでエラー発生した場合)
    $ mkdir -p ~/.nodebrew/src
    // 12系の最新版をインストール
    $ nodebrew install-binary v12.21.0
    // 使用するnodeのバージョンを設定
    $ nodebrew use v12.21.0
    // パスを通す
    $ echo export PATH=\$HOME/.nodebrew/current/bin:\$PATH >> ~/.zshrc
    // インストールされていることを確認
    $ node -v

Node.jsのインストールが完了したら、Symbol CLIをインストールします。

  • Symbol CLIをインストール

    $ npm install -g symbol-cli
  • Symbolアカウントの作成
$ symbol-cli account generate

作成のための質問が出てくるので、順に答えてアカウントを作成

✔ Select the network type: › TEST_NET
✔ Do you want to save the account? … yes
✔ Select an import type: › PrivateKey
✔ Enter the Symbol node URL. (Example: http://localhost:3000): … http://api-01.us-east-1.testnet.symboldev.network:3000/
✔ Enter a profile name: … testnet
✔ Enter your wallet password: … ********
✔ Do you want to set the account as the default profile? … yes

作成に成功すると下記のようにアカウント情報が表示されます。

Account
┌───────────────┬──────────────────────────────────────────────────────────────────────┐
│ Property      │ Value                                                                │
├───────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Address       │ TAC7SO-L7Y4HO-MEP2XM-C5SPPC-4O24JW-TOUZNV-ADA                        │
├───────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Public Key    │ DDB32B44A98A8793986CDF24BD05E5FA945518F283C280C6E2DC0B959F480712     │
├───────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Private Key   │ 602E9A458C94326BF7C3C9112D89EA73F45DD1CE1036FF780E406A52E4ADEE82     │
├───────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Password      │ ********                                                             │
└───────────────┴──────────────────────────────────────────────────────────────────────┘

SUCCESS Stored testnet profile
  • テスト用に通貨を取得
    テスト用の通貨を先程作ったアカウントに付与します。

SYMBOL Faucet

上記にアクセスし、先程のアカウントに試しに100XYMを付与してみます。 Faucet

付与できているかアカウント情報を表示してみます。

$ symbol-cli account info --profile testnet

アカウントの情報に下記のように表示されれば、うまく付与できています。

Account Information
┌───────────────────┬──────────────────────────────────────────────────────────────────┐
│ Property          │ Value                                                            │
├───────────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Address           │ TAC7SO-L7Y4HO-MEP2XM-C5SPPC-4O24JW-TOUZNV-ADA                    │
├───────────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Address Height    │ 200462                                                           │
├───────────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Public Key        │ 0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000 │
├───────────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Public Key Height │ 0                                                                │
├───────────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Importance        │ 0                                                                │
├───────────────────┼──────────────────────────────────────────────────────────────────┤
│ Importance Height │ 0                                                                │
└───────────────────┴──────────────────────────────────────────────────────────────────┘
Balance Information
┌──────────────────┬─────────────────┬─────────────────┬───────────────────┐
│ Mosaic Id        │ Relative Amount │ Absolute Amount │ Expiration Height │
├──────────────────┼─────────────────┼─────────────────┼───────────────────┤
│ 2CF403E85507F39E │ 100             │ 100000000       │ Never             │
└──────────────────┴─────────────────┴─────────────────┴───────────────────┘
  • プロジェクトの作成
    npmを使用してアプリケーション開発に必要なSDKやライブラリをインストールします。 プロジェクトを作成するフォルダに入ってから下記コマンドを実行していきます。
$ npm init
$ npm install symbol-sdk rxjs
$ npm install -g typescript
$ npm install -g ts-node

以上で開発環境の構築は完了です。

今日はここまで。

こけっこー
仮想通貨について1から勉強中です。 普段はSEをしています。 Symbolの技術に強い興味を持ち、 本ブログをはじめました。
Twitter
Amazon